近年、シェアハウスに住みたいと希望する若者が増えているそうです。
しかし、もしも私の学生時代にもこの形の住居スタイルがあったなら、私もこれを希望していたのではないかと思います。
その形に似ている物は、確かに昔からありました。
いわゆる下宿という物で、大家さん宅に間借りして住まわせてもらうというものです。
ただし暮らしの自由度という点を考えれば、やはりシェアハウスの方が格段に上でしょう。
そこには大家と下宿人という関係性もなく、皆が同じ条件で住んでいる人たちです。
この平等な関係性が、一人暮らしの寂しさを解消してくれるだけでなく、この場での出会いをきっかけに、進行を温める可能性だってあるのです。
また都心部での暮らしを希望するならば、経済的にお得という面も見逃す事はできないでしょう。
同じ家賃を払ったとしても、たとえ共用スペースとは言えども、立派なリビングやキッチンを利用できるのは、この住居スタイルならではのはずです。
そんなシェアハウスをお探しということでしたら、シェア生活.comというサイトで住まい探しをしてみてください。
地域やこだわりの条件等から、その条件に該当する物件を簡単に探し出すことができますので、物件探しの上手な時間の使い方が出来るはずです。
また初めてこうしたスタイルで暮らすということでしたら、そのあたりの疑問や分からない点なども、サイト内で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。