外国為替証拠金取引のことを通称FX(marginForeigneXchangetradingの略語)と呼びます。
外国為替の商品取引の一種で、リアルタイムで常に変化している為替の変動差益を利用して外国の通貨を売買します。
日本では1998年に為替法の改定に基づいて取引ができるようになりました。
実際に運用する時の流れは以下のようになります。
自分の資金である証拠金(保証金)を担保として取引業者に預け、それを元金として取引することで損益を算出し為替手形や送金小切手によって決済を行う一連の運用を行います。
以下はFXを運用するにおいて必ず必要なものです。
1つはインターネットを使える環境があることです。
為替は常に変動しているため、いつでも確認できるような環境が必要です。
携帯できるタイプのデバイスがあると手軽でよいです。
次に元金にするための資金や口座を用意します。
元金で外貨を購入することが一番初めに必要な取引です。
さらに取引をする業者・会社を見つけます。
お金を信用取引で行うので、信用のおける相手を見つけなければいけません。
勿論手数料がかかるので安価で済む会社を見つける必要もあります。
最後に世界各国の経済状況を分析や把握をしておかないといけません。
安定した通貨の国は何処なのか、通貨の変動の大きな国が何処なのかなどです。
購入した外貨を高額で売却するために通貨の流れを読む先見性が大変重要になってきます。
スワップポイント(利息)による影響が毎日積み重なっていくので金利も外貨を買う上で重要なポイントとなってきます。
為替レートは24時間目まぐるしく変化し続けています。
寝ている間も起きている間もずっと変動し続けます。
常に為替とにらめっこする必要がありますし、世界情勢にも詳しくないと確実な利益を出すのは難しいでしょう。
しかし、世界のお金の動きやFXに興味を持たれた方がいらっしゃいましたら小額でチャレンジしてみるのもいいかもしれません。