保証人を用意できない個人経営者や企業に保証人の事業を行うのが日本保証の事業の1つとなります。
この日本保証の保証人事業に関してはこちらの会社が提携している金融機関で融資お申し込みするときに利用できる制度になります。
現在こちらの会社の保証事業が利用できる金融機関に関しては、銀行と信用組合があります。

融資の種類に関しては提携する金融機関により異なることになります。
金融機関により無担保のカードローンの保証人として利用できるものや不動産担保により利用できる融資など、金融機関により異なります。
そのため提携先の金融機関で取引がなければ新たに口座を開設して融資の申し込みを行うことになります。

提携先の金融機関が利用できない場合には、こちらの会社で提供している融資を利用することになります。
こちらの融資の申し込みに関してはインターネットのホームページから申し込みを行うことができるため、こちらの会社が指定する金融機関の口座に返済できる状況であれば利用できるものになります。
いろんな種類が用意されているため、融資の目的に合わせて選ぶことができます。
また、保証人が必要でない融資もあるので、金融機関で銀行や信用金庫で利用できない場合でも大丈夫です。

ここも参考になります