世間一般でよく知られているかどうかといえば、周囲の人にオルソケラトロジーという言葉を言っても、きょとんとされることの方が圧倒的に多いと思います。
特に視力に問題がなく、裸眼で周りのものがきちんと見えている人にとっては、よほどのことがない限り関心を抱くことはないでしょう。
この耳慣れない言葉は近視の人にとってのみ効力を発揮するものであり、魅力的に映る治療方法のひとつだからです。
オルソケラトロジーとは視力矯正の方法で、近視の人の瞳の形状に合った特殊なコンタクトレンズを用います。
この特殊なレンズが角膜をくせづけ、裸眼で物が見える位置にピントが合うよう、屈折を正常な場所に矯正するというものです。
こうした治療はまだごく限られた医療機関でしか行われていないため、むしろ最近はレーシックの方が浸透してきた感があります。
けれど、レーシックに比べると不安感が少ないということから、比較される形でオルソケラトロジーにもじわじわと注目が集まるようになってきました。
まだまだ世間的に見れば、圧倒的にメガネやコンタクトなどの矯正道具を使って視力を得る人が多いのですが、もっと広く浸透したときにどう変わるのか、今後が楽しみな治療方法でもあります。