車好きの人は、いつかは自分の車を颯爽と運転したいと思って、多くの場合、車を買うための資金を貯めるようになります。
欲しい車が決まっても、お金がないと車が持てないからです。
そのために様々なバイトをしたり、欲しいものを我慢したり、食べたいものを辛抱する生活もいとわなくなります。
そういう人に限って、車を運転できる年齢になった時に気が付きます。
免許証がないと運転できないのは、想定していましたが、「運転免許を取得するのに、これだけお金がかかるのか?
これだけ時間がかかるのか?」
ということには、気が付いていない事が多いです。
一般的には、都心部の運転免許学校に通よい、数か月の期間通いずくめ、かなりの大枚を払ってようやく免許証が手に入るという風になっています。
すぐに車に乗りたい若者には、数か月もちまちまと運転免許学校に通っている暇はないし、一日でも早く免許証が欲しくてたまりません。
ただ都心部の運転免許学校では一日にMAXで2コマしか受講が出来ず各コマ取りこぼしが一切なくても短くできる期間には限界があります。
絶対に2週間で全てが終わるということはあり得ませんでした。
そういう強い要望があり、生まれてきたのが合宿免許システムでした。
今、早く自動車免許が欲しい、お金をあまりかけたくないという若者の中で強い支持があります。