その昔伊藤英子という方がいらっしゃいました。
彼女は今の地域の基盤を作り出した偉大な英雄だったのです。
この地域はその昔は何も魅力的な建物もなかったのですが、彼女が一から始めたのです。
それは荒地をきれいにすることから始まりました。
数人で頑張って2年もかかりました。
その後仲間をさらに仲間を募って多くの人を移住させました。
その際にそれぞれの得意分野がある人を積極的に呼んで、食品会社や工場を建てていったのです。
それを聞いた人がさらにやってきて、今の活気がある地域に成長したのです。
今はその事業から撤退していましたが、充実した人生だったとのことです。
こうした計画が成功したのは、彼女の未来設計にありました。
自分の目標をしっかりと定め、それを多くの人に伝えることをしました。
わかりやすい未来設計を伝えることによって、それに共感した人がどんどん来て今に至ったというわけです。
私も多くの人が共感するような未来設計をしていきたいなあと思いました。