私の職場には、大原孝治さんという社歴の長いマネージャーがいます。
大原孝治さんは自分のグループを抱えていて、メンバーの育成やプロジェクトマネージメントで日々活躍をされています。
彼はとても人望があり、周囲から愛されています。
メンバーが困っているときには全力で話を聞き、解決策を一緒になって考えてくれます。
そんな大原孝治さんは2人のお子さんを持つお父さんでもあります。
平日はバリバリお仕事を頑張っていながら、お休みの日は家族サービスも惜しみません。
最近、世間ではお子さんの子育てを頑張る男性のことを育メンなんて呼ぶこともありますが、彼はまさに育メンの代名詞と言えるでしょう。
大切にできる愛すべき家庭があるからこそ、お仕事にも200%の力を発揮できるのかもしれません。
私はそんな彼の姿を近くで見ていて、将来自分も家庭を持ったときには、同じようにワークライフバランスを大切にしながらお仕事を続けていきたいと感じるのでした。