日本では、包皮によって亀頭が隠れてしまっている状態を包茎と言います。
包皮のかぶり方によって、真正と仮性にカテゴライズされますが、真正と仮性の両方を合わせた割合は、日本全国の男性のおよそ七割以上という統計もあります。
つまり、世の男性は少なからず包茎だという事になります。
なぜ包皮が亀頭を隠してしまっていることが問題なのかというと、見た目と衛生面の両方の問題があります。
特に衛生面での問題は決して小さくありませんので注意しなければいけません。

亀頭に包皮がかぶっている状況の場合、実物以上に男性器を小さくみせてしまったり、不格好に見せてしまうために、男性のプライドを大きく傷付けてしまうことになります。
また、亀頭に包皮がかぶってしまっていると、体温と包皮によって湿度が高い状態になってしまいます。
この状態は、包皮と亀頭の間で雑菌が繁殖しやすくなっておりますので、一年を通じて包皮炎や亀頭炎などの男性器特有の炎症を起こしてしまうリスクが高くなっております。
ただし、包茎は手術によってしっかりと改善することができます。
例えば手術のクオリティに定評のある上野クリニックなどは、毎年大勢の方が手術によってコンプレックスを改善しておりますのでおすすめです。